TIAA
コンクール情報 オーディション情報 海外音楽留学 コンサート案内 演奏会企画 演奏家派遣 オンラインショップ 会員
ホーム > マスタークラス >バーバラ・ボニー 春期特別声楽マスタークラス in ザルツブルク

バーバラ・ボニー 春期特別声楽マスタークラス in ザルツブルク

 20世紀後半の世界で最も偉大なリリック・ソプラノ歌手とうたわれたアメリカ生まれのソプラノ歌手、バーバラ・ボニーのマンツーマンレッスンを受けることのできるチャンスです。レッスン会場はザルツブルク市内にあるボニー先生のご自宅のレッスン室です。期間中、45分のマンツーマンレッスンを3回受講します。ご希望の方には追加レッスンも可能です。伴奏ピアニストもおつけします。ボニー先生はドイツ語、英語にてレッスンを行いますが、ご希望の方には、音楽の知識が豊富な日本語通訳をおつけします。

<教授プロフィール>
Barbara Bonney (バーバラ・ボニー)教授

1956年アメリカ生まれのソプラノ歌手。20世紀後半、世界で最も偉大なリリック・ソプラノと言われ、世界中の一流歌劇場で活躍した。21世紀に入ってからはオペラよりもリートやコンサート歌手が中心となり、リートの世界でも世界的な歌手となった。最初チェロを学んでいたが、ザルツブルクのモーツァルテウム留学中に歌手に転向。1979年にドイツ、ダルムシュタッドの劇場でデビュー。同劇場で「フィガロの結婚」のケルビーノ、「後宮からの逃走」のブロントヒェンを唄った。クライバー指揮の「ばらの騎士」のゾフィー役でセンセーショナルなデビューを飾り、世界的な歌手となった。このゾフィー役の他、「フィガロの結婚」のツェルリーナ、「魔笛」のパミーナ、「愛の妙薬」のアディーナなどでバイエルン国立歌劇場、ウィーン国立歌劇場、ロンドン・コヴェントガーデンなど、世界中の一流歌劇場を飛び回り、レコーディングは100を超える。知的なイメージがあるが、ロマンティックで熱いハートを持っている。音楽性の高さはリートでも遺憾なく発揮され、他の歌手たちへの影響は計り知れない。現在はザルツブルクのモーツァルテウム音楽院の教授、ロンドンのロイヤル音楽アカデミーの客員教授を務めている。

【開催期日】

2015年3月28日(土)〜4月2日(木)

【開催地】

オーストリア・ザルツブルク市内 ボニー先生ご自宅のレッスン室

【担当教授】 声楽:Barbara Bonney  (バーバラ・ボニー)
【レッスンについて】

1回のレッスン時間は45分(質疑応答、片付け込み)です。期間中3回の個人レッスンを受講します。また、レッスン以外の時間は他の受講者のレッスンを聴講することができます。他の専攻の生徒様たちの演奏を聞き、教授のレッスンを体験する機会は貴重な機会となります。参加資格、年齢制限は特にございません。男女、パートを問わずご指導をお受けいただけます。
※ご希望により追加レッスンを受講することができます。

※申し込み時に提出されたレッスン曲目については事前説明会までに教授陣アシスタントの連絡により再度相談可能です。

【渡航日程】

2015年3月27日(金)出国〜4月4日(土)日本帰国(4月3日現地出発)
※現地教授アシスタントによる出発事前説明会(代理人参加可)を東京にて予定しています。日程については参加申込された方に連絡させていただきます。

【申込締切】

申し込み締め切り 2015年1月31日(金)必着(FAXの場合は18時まで)。

※但しそれ以前でも申込者が定員になり次第、締め切ります。

要項をダウンロード資料請求

このページのトップへ

事業活動サイトご利用にあたって
© TIAA. All Rights Reserved.