TIAA
コンクール情報 オーディション情報 海外音楽留学 コンサート案内 演奏会企画 演奏家派遣 オンラインショップ 会員
ホーム > マスタークラス > 海外音楽大学・教授紹介 >スイス国立チューリッヒ芸術大学教授によるマスタークラス担当教授紹介

スイス国立チューリッヒ芸術大学教授紹介

旧チューリッヒ音楽大学

ピアノ

Karl Andreas Kolly
カールアンドレアス・コリ−
教会オルガニストである父親Karl Kolly とKarl Grenacher から初めにピアノレッスンの手ほどきを受け、Zuerich MusikakademieにてHans Schiker の元で学ぶ。ベルンではKarl Engel の元でマスタークラス受講、1991年には最優秀ソリストディプロマである、Eduard Tschumi Preis を受賞。ルツェルンではMieczyslaw Horczowskiの元でマスタークラスを受講Jecklinコンクール第一位、チューリッヒではLandolt und Hochschul賞、Prix Maurice Sandoz 内のコンクール第一位など数々のコンクールを制覇する。全ヨーロッパ、日本、韓国、オーストラリア、アメリカ合衆国でソロピアニスト、室内楽ピアニストとして、多くのコンサートを行い、大成功を収める。また、インターナショナルミュージックフェスティバルルツエルン、パッサウとドナウでのフェスティバルなどにも参加。チューリッヒ トーンハレオーケストラ、ベルンシンフォニーオーケストラ、スロヴァキアラジオシンフォニーオーケストラ、バルセロナ オーケスタ シンフォニーなどと共演。室内楽ピアニストとしてTrio Novantaを結成し、ブラームス、フランクの全作品集を演奏する。1992年にはシューマンの演奏と共に初CDを作り、好評を博す。それ以来、30枚以上のCDを作成している。現在はチューリッヒ国立音楽大学大学院で教授として指導にあたっている。

ヴァイオリン

Rudolf Koelman
ルドルフ・ケールマン
アムステルダム音楽院で学び、1978年から1981年にJascha Heifelz最後の弟子として、ロサンジェルス南カリファルニア大学で学ぶ。その後1999年までロイヤルコンセルヘボーオーケストラ(オランダ)コンサートマスターを務める。コンサートツアーを行うと同時に数多くのCD録音を行う。チューリッヒ音楽大学教授であると同時に、シドニー音楽院初め多くの客員教授として各国から招聘されている。

ヴィオラ

Wendy Enderle
ヴェンディ・エンデレ
アメリカオハイオ州 出身でインディアナブルーミントン大学卒業後、メニューイン音楽アカデミーで学び、ベルグラードに於けるJeunssse Musicalesビオラコンクールで第一位。1984年からカルミナ四重奏団ビオラ奏者として、世界中で演奏ツアー、CD録音を行う。

オーボエ

Loise Pellerin
ルイス・ペレリン
モントリオール音楽院、フライブルグ音楽大学を最優秀で卒業したカナダ人である彼女は、チューリッヒ室内管弦楽団、ケルンWDRシンフォニーオーケストラ、カメラータベルンなどと共演し、ヨーロッパ、カナダでの国際コンクール審査員となる。そして、チューリッヒ、アテネ、ベルリン、ロンドン、ルツエルン、モントリオール、ニューヨーク、パリ、東京、ローマ、ザルツブルグの音楽祭に招聘され、Andras Schiff,Leonidas Kavakos,Heinz Hollinger,Radovan Vlatkovicと共演する、また演奏ツアーではアメリカ合衆国、ヨーロッパ、アジアにて行う。現在はチューリッヒ音楽大学教授でああると共に、カメラータ ザルツブルグのソロオーボエニストとしても活躍する。

クラリネット

Fabio Di casola
ファビオ・ディ・カソラ
1998年にジュネーブでのスイス最優秀音楽家賞を受賞し、1991年Winterthur市立管弦楽団ソロクラリナッティストとなる。Evianでのフェスティバルでその才能をMstislav Rostropovicに発掘される。HeinzHolligerはSandor Veressのソロクラリネッティストとして抜擢され、1995年にはMikhail Pletnevの指揮の下ロシア 国立オーケストラでのソリストを務める。ジュネーブでのCIEM国際コンクール第一位、Stresa現代音楽国際コンクール第一位、Prix SuisseのGrand Prix Patek Philippe第一位。

このページのトップへ

事業活動サイトご利用にあたって
© TIAA. All Rights Reserved.