全日本ジュニアクラシック音楽コンクール

HOME > 注意事項

注意事項

諸注意

  • 当日のタイムスケジュールは各会場締め切り後の確定となります。後日郵送します受付証でのご連絡までお待ちください。
  • 当日のプログラムは弊会規定に則った表記とするため、お申込時とは異なる記載の場合がございます。
  • 当コンクールでは下記の用意などは行っていませんので、各自の責任で準備してください。
  • 足台や補助ペダルの準備、補助要員・譜めくり・各自の専門楽器
  • ピアノの蓋の開閉は、当コンクールのスタッフが行います。
  • 万が一、コンクール会場や練習室の備品を破損した場合は、実費を弁償して頂きます。
  • 応募人数により、会場が変更となる場合がございます。
  • 管楽器のツバ抜き、舞台へ直接エンドピンを刺す等、舞台上を汚す行為は禁止とします。
  • やむをえず申込後コンクールを辞退される場合、必ず協会までご連絡ください

予選免除について

  • 過去に全国大会に出場された方は、下記の条件に限り予選免除となり本選からの受験が可能となります。
    小学生・小学生中学年・小学生高学年の部:小学校6年間の中で、同じ部門であれば部をまたいでも3年間予選免除(第27回以降の全国大会出場者に限る)。
    キッズ・中学生・高校生・大学生の部:同じ部門で同じ部であれば予選免除となります。
     例1)ピアノ部門キッズの部で出場された方は、ピアノ部門キッズの部で参加する場合でのみ予選免除となります。
     例2)ピアノ部門小学生中学年の部で出場された方は、ピアノ部門小学生高学年の部で参加する場合でも予選免除となります。
     例3)ピアノ部門小学生高学年の部で出場された方は、ピアノ部門中学生の部で参加する場合では予選免除とはなりません。

注意

  • 本選通過者で全国大会を受験せず辞退した場合は、予選免除の適応はされません。
  • 過去に木管楽器部門のフルートを演奏して全国大会に出場された方は、同じ部であればフルート部門で予選免除が適応されます。
  • 作曲ソロ部門・作曲室内楽部門は予選免除は適応されません。
  • 予選免除が適応される方でも、予選から受けなおしていただくことも可能です。

飛び級制度について

  • 全国大会で1位を受賞された方は同じ部門の同じ部での再度参加はできませんが、一つ上の部での受験が可能です。
     例:ピアノ部門中学生の部で1位を受賞された方は、ピアノ部門高校生の部で参加する場合でのみ飛び級
       となります。

その他・留意事項

  • コンクールに関する全てのお問合せは協会までお願い致します。開催場所への直接の問合せはご遠慮ください。
  • 審査方法、審査結果等についてのお問合せは一切お受け付け致しません。
  • 参加に要する交通費、宿泊費等の諸費用は、すべて参加者の負担です。
  • お振込み、ご送金いただいた参加料はいかなる理由であっても返却は致しません。
  • 講評用紙の郵送を希望する場合、着払いにて対応致します。
  • 追加開催日程や誤字等は全て全日本ジュニアクラシック音楽コンクールのホームページにて更新、訂正致します。
    http://www.tiaa-jp.com/jcmcj/

ページ先頭へ戻る