TIAA
コンクール情報 オーディション情報 海外音楽留学 コンサート案内 演奏会企画 演奏家派遣 オンラインショップ 会員
ホーム > マスタークラス >ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学マスタークラス

ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学マスタークラス

主催 株式会社 東京国際ツアーズ
後援 一般社団法人 東京国際芸術協会
ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学マスタークラス

 

 ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学マスタークラスが2017年7月と8月に開催されます。毎年60カ国以上から受講生が参加するこのマスタークラスはオーディションで受講生が決定されるレベルの高いマスタークラスです。教授陣は高い専門知識をもち、現役の音楽家として活躍する専門家で構成され、教授の多くは世界中での演奏実績をもつと共に、国際コンクールの審査員もしています。

 

 ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学はウォルフガング・アマデウス・モーツァルト没後50年を記念して1841年にその前身である大聖堂音楽協会とモーツァルテウムが設立されました。その後、1914年に音楽院となり、現在の大学に至る音楽教育機関へと発展しました。世界的に有名な音楽家(ヘルベルト・フォン・カラヤン、クルト・レーデル等)を輩出し、素晴らしい素質を持った音楽家達が多く在籍しています。希望者には、現地留学事情、住居等の生活事情についての情報、ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学受験に際しての情報提供も可能です。


【開催期日】

第1ブロック:2018年7月16日(月)〜7月28日(土)
第2ブロック:2018年7月30日(月)〜8月11日(土)

第3ブロック:2018年8月13日(月)〜8月25日(土)
【開催地】 オーストリア国立ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学
(オーストリア国ザルツブルク市)
【レッスンについて】

教授、参加者のレベル、参加人数等により異なります。原則的には45分レッスンを5回ですが、60分レッスン4回になることもあります。レッスン詳細につきましては、現地ガイダンス時に決定します。また、教授によってレッスン曲が決まっている場合があります。他の参加者のレッスンの聴講ができます。

【日程・対象楽器・担当教授】

第1ブロック:2018年7月16日(月)〜7月28日(土)
作曲科:Peter Ruzicka(*7/16-7/22)
声楽科:Mario Diaz、Ildiko Raimondi、Michaela Schuster、Luciana Serra
リート科:Hartmut Höll(*7/16-7/22)、Roger Vignoles(*7/23-7/28) 
ピアノ科:Andreas Frölich、Andreas Groethuysen & Yaara Tal(Solo & Duo)、Andrea Lucchesini、Dominique Merlet、
Rolf Plagge、Jacques Rouvier
ヴァイオリン科:Christian Altenburger、Zakhar Bron(7/17-7/28)、Yair Kless、Ulf Wallin
ヴィオラ科:Hariolf Schlichtig(*7/16-7/22)、Jean Sulem(*7/23-7/28)
チェロ科:Julius Berger
ギター科:Eliot Fisk & Zaira Meneses
オルガン科:Hannfried Lucke(*7/16-7/21)


第2ブロック:2018年7月30日(月)〜8月11日(土)
作曲科:Helmut Schmidinger(*7/30-8/4)
指揮科:Bruno Weil(*8/6-8/11)
声楽科:Renate Faltin、Christiane Iven、Lorraine Nubar(7/31-8/11)、Claudia Visca
リート科:Dalton Baldwin(*7/31-8/5)、Wolfgang Holzmair(*8/6-8/11)
ピアノ科:Ya-Fei Chuang、Christopher Hinterhuber、Veda Kaplinsky、Peter Lang、Robert Levin、Gottlieb Wallisch(*7/30-8/4)、
Arie Vardi(*8/6-8/12)
ヴァイオリン科:Mauro Iurato、Rainer Küchl、Mi-kyung Lee、Paul Roczek(*7/31-8/5)、Benjamin Schmid(*8/6-8/11)、
Kirill Troussov
ヴィオラ科:Thomas Riebl(*7/30-8/4)、Antonello Farulli(*8/6-8/11)
チェロ科:Jens-Peter Maintz(*7/30-8/4)、Christian Poltera(*8/6-8/11)
フルート科:Wally Hase
オーボエ科:Emanuel Abbühl(*7/30-8/4)
クラリネット科:Andreas Schablas
ファゴット科:Philipp Tutzer
ホルン科:Johannes Hinterholzer


第3ブロック:2018年8月13日(月)〜8月25日(土)
声楽科:Michele Crider(8/13-8/23)、Helen & Klaus Donath、Sumi Jo、Christoph Strehl
リート科:Robert Holl
ピアノ科:Arnulf von Arnim、Andrea Bonatta、Aquiles Delle Vigne、Pavel Gililov、Matti Raekallio、Frank Wibaut
Dina Yoffe
ヴァイオリン科:Pierre Amoyal、Lewis Kaplan、Ernst Kovacic、Rainer Schmidt(& String Quartet)(*8/13-8/18)、
Michael Vaiman(*8/12-8/19)
ヴィオラ科:William Coleman(& Chamber Music)
チェロ科:Maria Kliegel
マリンバ&パーカッション科:Bogdan Bacanu & Wave Quartet

【マスタークラス参加費】

申込金:170ユーロ
※第1次締切日以降のお申し込みの場合は220ユーロ
受講費: 500ユーロ
※指揮科は620ユーロ
※短縮日程で開催されるレッスンのうち*印のレッスンは300ユーロ
※このマスタークラスでは一般社団法人東京国際芸術協会の主催するコンクール・オーディションにおいて成績優秀者に学費免除推薦が認められています。詳しくはお問い合わせください。

※上記学費免除推薦者でも現地でのオーディションを受けていただきます。免除推薦に選出された場合でもモーツァルテウムでの受講生としての受講を保証するものではありません。オーディションの結果聴講生としての受講となった場合は、聴講費用のみを助成し差額の返金等はありません。
【渡航日程】

第1ブロック:2018年7月14日(土)出国〜7月30日(月)日本帰国(7月29日現地出発)17日間
第2ブロック:2018年7月28日(土)出国〜8月13日(月)日本帰国(8月12日現地出発)17日間

第3ブロック:2018年8月11日(土)出国〜8月27日(月)日本帰国(8月26日現地出発)17日間

※マスタークラス開始前日にモーツァルテウムオフィスでの手続きがあります。

※教授により短いレッスン日程が設定されている場合はそれに合わせて飛行機手配をいたします。詳しくはお問い合わせください。
【申込締切】

第1次 2018年4月25日(水)必着  ※FAXの場合は18時必着
第2次 2018年5月21日(月)必着  ※FAXの場合は18時必着

※締切日前であってもコースの定員に達した場合には受付を締め切ることがございます

要項をダウンロード資料請求

このページのトップへ

事業活動サイトご利用にあたって
© TIAA. All Rights Reserved.